最高の保存状態で飲めるコーヒーカプセルのメリット

コーヒーを淹れる際によくいわれるのが、豆の産地が味に大きく影響するということです。


確かにどんな豆を使うか、どんな挽き方とブレンドをするかによっても味は違ってきます。



とはいえ、味に与える影響はそれだけとは限りません。

保存方法も大きく品質に影響するといわれています。

コーヒー豆は意外にデリケートなものなため、紫外線や湿度にも味が左右されてしまいます。

どんなに高品質の豆を仕入れて最高の淹れ方をしたとしても、この保存方法がダメな場合はすべての配慮が台無しになります。


これを避けるためには、信頼のおけるコーヒー豆の販売店で使用するごとにこまめに購入してくるしかなくなります。しかしこれでは手間がかかりすぎる上、飲みたい時にコーヒー豆が手元にないということもおこります。

livedoorニュースについて補足説明いたします。

コーヒーカプセルは、そんなコーヒーの保存問題と手間を解決するものとして開発された商品です。

このコーヒーカプセルは、硬いカプセルにコーヒーの甘みと香りを損なわないように封じ込めています。

これによって、必要な時にその都度淹れたての香り高いコーヒーが楽しめるようになっています。

扱い方はインスタントと同様の手軽さなのに、味は高品質というコーヒーというのはなかなか他にみられないはずです。
コーヒーカプセルを使用するには、専用のマシンが必要になります。カプセル自体の値段もやや高額ですが、それと引き換えにしても惜しくないレベルのコーヒーが飲めるので十分元がとれると考えていいはずです。